Passat Variant 2.0TSI Sport line

フォルクスワーゲン パサートバリアントTSI スポーツライン

ゴルフの点検の際にDUOよりお借りしたクルマです。

走行距離200kmほどの新しいクルマでした。
新車の香りが漂う室内のシートは革張り。VWらしいシンプルな高級感が漂います。

レザーが張られ各部が電動で調整できるシート、リアのサイドウィンドウにロール式の日よけがセットされていたり、ステアリングに同調してヘッドライトの照射方向が変化したりと、なにやら便利機能が多い。なにより・・・広い後部座席は家族にはとても好評でした。

200PS、2ℓのTSIエンジンは、額面通りにとてもパワフル。低回転時の「ヒーン」という(たぶん!)タービンの音が高性能を予感させ、ひとたびスロットルを踏み込むと1.5トンの巨体をモノともせずにビュワーンと加速させます。

DSGではなくトルコン6ATという組み合わせ(ハイパワーを柔らかに包み込む感じ)が通好みというかこのクルマにとてもあっているように思います。

山道を走らせても、私の腕前では17インチのBSスポーツ系のタイヤを「キュッ」っと鳴らすことさえデキマセンでした。
ただ、普段軽いゴルフに乗っているせいか、左右に切り返しの多いカーブでは特にリアの重さを常に(オシリの辺りに)感じながらのコーナリングとなるようですし、うねりのある路面ではリアの揺れが一発で収まりきらずに、フロントタイヤを煽る場面も多々ありました。キャラ的に山道を攻め込むタイプのクルマではないと思いますので問題ないと思いますが(^^;


このようなクルマを代車として貸し出し、ユーザーのこゝろをくすぐるディーラーのサービスにやられっぱなしの一日でした。


その晩の「そら」です。ペンシルケースを枕にしています♪

0 件のコメント:

コメントを投稿