〜日本刀と料理包丁〜 理想のスポーツカーって?


〜日本刀と料理包丁〜 

とある自動車誌で「本物のスポーツカー」についての記事。

日本刀の代表は「マクラーレンF1ロードカー」(一億円以上!
完璧に雲の上の存在ではありますが...)
パワステやABSさえ持たないこのモンスター。
車体中央のコックピットに収まれば
ビリビリとした緊張感を伴い背筋が伸びる!(たぶん...)まさに真剣。


必ずしも日本刀でなければスポーツカーを味わえないかというと
そうでもないらしい。
竹刀や木刀で剣の扱いを学べば
レーシングカーといえども戸惑うことなく十分にスポーツできると...。

それにあたるのがトヨタエンジン(1ZZ)が採用された
ロータスエリーゼS

真剣の持つスピリットを手軽に味わえる...。といっても ¥4,536,000!

一方、料理包丁の方は軽自動車やミニバン...。

料理包丁でいくらがんばっても精神を研ぐことはできない...。
つまり本当の意味でのスポーツ性を味わうことはできないと。

確かに一理あるなぁ〜。と(どちらのクルマも乗ったことのない!)ワタシも思う。

しかし、よ〜く考えてみると...
一流の料理人が持つ包丁があるではないか!

ランチアデルタHFインテグラーレ なんかがまさにコレ!
包丁は包丁でもこちらはプロ仕様!
切れ味や使い心地が違います。

最新のランエボやインプレッサといった選択もあり。。。
でもアノ外観...オジサン的には
「ちょっとなんだかなぁ?」となってしまう。


また サバイバルナイフ! といえる
ランドローバーディフェンダー110Tdiもあります。
こちらはより低い速度でも十分スポーツ!できてしまう操作系がある。
オーナーさん曰く「ホントーにひと汗かけます!」

しかもマズいことに?一歩オフロードに入ると
他のクルマが追従できないほど輝きはじめる。


...で何がどうしたの?

実は...次期クルマ選びの真っ最中なんですよ コレがっ!

おもに"連れ合い"が乗っている1999年製のオペルビィータGLSちゃんが
度重なるトラブルの果てに"ヘッドガスケット"を
吹き抜いてしまったんです。走行距離34000km...合掌!?

大多数の方々がそうだと思いますが...。
複数台のクルマを所有できないワタシにとって
クルマ選びは究極の選択状態!? 

趣味として、足としても
さらに家族で遠出しても不満がでないこと。
しかも冬は豪雪〜(笑!)
さらには"連れ合い"から厳しい予算を宣告される(爆!)

(たいがい妥協に妥協を重ねた選択で終わってしますのです)ハイ。


TOPの画像はTDLで自分用に買ったトミカ
ドナルドのステーションワゴン♪
こんなクルマもイイかな♪

-------------------------------------------------------------
〜修理に出している YA◯ASE で思わぬ出会いがありました〜


続報はまた次の機会ということで...

0 件のコメント:

コメントを投稿